著者別アーカイブ:

運営者|前嶋 将司

人の期待を満たす為に生きてはいけない

あなたはあなたのために生きているのです。人の期待を満たすために生きていては幸福感を感じることは不可能でしょう。もちろんあなたが自ら進んで期待に応えたいのであれば良いですが。   親の言うこと

自慢する人ほど劣等感を抱えている

アドラー心理学 勇気付け|自慢する人ほど劣等感を抱えている あなたの周りに”自慢ばかりする人”いませんか?おそらく、1人や2人はいるでしょう。私の友人にも、いつも自慢ばかりしている自慢大好き人間がいま

”正しさ”など必要ない

アドラー心理学 子育て|”正しさ”など必要ない   子育てや教育をしていると、正しさを追い求めてしまうことがあります。「これは世間一般では間違いだから厳しく注意しよう!」「正しいことを教えな

他者と競争してはいけない|勇気づけ

アドラー心理学勇気づけ|他者と比較してはいけない   同じ人などいない 私たちは同じ人など存在しません。どれだけ似ていても、全く同じ人間など今のところは発見されてないでしょう。 逆に言えば、

なぜ自分のことが嫌いなのか?|勇気づけ

アドラー心理学 勇気づけ|なぜ自分のことが嫌いなのか? あなたは自分のことが好きですか? 日本人は特に多いですが、『自分のことが嫌いで好きになれない』や『短所がずっと直せない』などの声をよく耳にします

他者与えられた答えでは意味がない|子育て

アドラー心理学 子育て|他者から与えられた答えでは意味がない 変わることの第一歩 何かを変えるとすれば、まず最初のステップとして”知る”ということが必要になります。 相手の課題を背負いすぎてしまい苦し

仲が深まれば深まるほど「課題」が混同する

アドラー心理学 |親しすぎると課題が混同する|ライフタスク 課題が混同しやすい仲 課題を解決するのに重要なことの一つに、課題を分離することが挙げられます。 自分の過大でないことは背負う必要がないのです

親との関係がうまくいかない|アドラー心理学

課題の分離とは?ライフタスクを解決していくために、”課題の分離”という考え方が必要になります。 課題の分離とは、ある課題に対し本当に自分の課題なのか?誰の課題なのか?問いかけることです。 ⇒課題の分離

悲観的ではなく楽観的に|勇気づけ

アドラー心理学 |悲観的ではなく楽観的に|勇気づけ 楽観的とは? 起きている事象を冷静に捉え、過去を悔やんでる未来を不安視することなく、今できることを行う考え方のことです。 よく混同されてしまうのが、