”自己受容”の本当の意味

アドラー心理学 勇気づけ|”自己受容”の本当の意味

アドラー心理学 勇気づけ 自己受容の本当の意味     アドラー心理学において、重要なキーワードである”自己受容”。今回はこの自己受容について解説していきます!  

自己受容と自己肯定の違い

自己受容とは簡単に言うと”ありのままで生きること”です。ありのままのあなたを受け入れ、その通りに生きることです。よく引き合いに出される自己肯定との違いは、『できない自分』を認めるかどうかです。自己肯定の場合、できないであろうことも『私にはできる!絶対できる!』と言い聞かせ暗示をかけますが、自己受容は『今の私にはできない。だからどういう対応をしようか考えよう』というアプローチです。まずは『できない自分』を認めることから始めましょう。   スポンサーリンク  

“自己受容”の本当の意味

自己受容の本当の意味というより、別の見方という方が正しいかもしれません。自己受容は『自分が変えられるものと変えられないものを区別すること』でもあるのです。考え方は”課題の分離”と同じです。『過去と他人は変えられない』などの言葉もある通り、この世には変えられるものと変えられないものがあります。これを明確に区別することで、できない自分を認めることにもつながり、自己受容がより明確にできることでしょう。  

共同体感覚を得るためには必須

自己受容は、共同体感覚や勇気付けを得るためには必須の項目であり、一番最初のステップともう言えるでしょう。紙とペンを用意し、今すぐにでも、課題の分離をしてみると良いかもしれません。   アドラー心理学.com