家庭環境が性格形成に与える影響とは?

アドラー心理学では”家族”はライフスタイル(価値観)の構成において非常に重要だと言われています。 子供にとっては、家族こそが世界であり、全てであるからです。 子供の性格形成にも大きな影響を与え、アドラー心理学では、特に兄弟関係がライフスタイルに影響を及ぼすとされています。 ライフスタイルの構成についてはこちらをご覧下さい。

子供は両親が持っている価値観を無視できない

アドラー心理学では、自分の両親が持っている価値観のことを”家族価値”と言います。 小さい頃から親に言われ続けている”格言”のような言葉、ありますよね?以外と多くの方はこの”格言”を守っているのです。 子供は家族価値を無視することができません。なぜなら、子供にしてみれば大半の時間を過ごし、自分の存在意義を感じるための組織としてかけがえのない大事な集団だからです。  

親によってライフスタイルが決まる?

上記の説明を読むと、親によってライフスタイルが決められてしまう印象を持ちます。 しかし、そうではありません。私たちは自己決定性を持っているのです。 服従するかしないかは、子供自身が選択することができるのです。 ただ、ライフスタイルは10歳までにあなた自身が考え出した、親に愛してもらうために考えた戦略だとアドラーは言います。 自身の選択でライフスタイルはいつでも変更可能ですが、やはり生活環境も大事だということですね。  

親のレッテル

親からを受けたレッテルも同様です。 「この子は○○な子なんですよ」。ご両親からこんな風に言われた経験があると思います。 優しい、穏やか、恥ずかしがり屋、責任感が強い、だらしがない。 良いイメージにしろ、悪いイメージにしろ、子供はそのレッテルに答えようとします(レッテル効果)。 なのでポジティブな言葉でレッテル貼ってあげましょう。それが勇気付けにつながります。  

まとめ

・自分の両親が持っている『家族価値』を子供は無視することは難しい ・親の教育方法がライフスタイル形成に大きな要因を与えるが、だからと言ってその性格を変えられないわけではない ・親はレッテルを上手に使い、勇気づけをしよう。     アドラー心理学.com