学習プログラム

第1章 認知論

「全てはあなたがどう捉えるかによって決まる」ということを説いた理論です。アドラー心理学の核となっている理論と言えるでしょう。
→第1章を読む

第2章 自己決定論

「全てはあなたが決めたこと」一聞すると冷たい言葉にも聞こえますが、アドラー心理学の概要を知った時すっと胸が軽くなる言葉の一つです。
→第2章を読む

第3章 目的論

「人の行動には必ず目的がある」原因論が唱えられていた日本人にとっては衝撃となる理論です。しかし、この理論も心を軽くしてくれます。
→第3章を読む

第4章 全体論

「私たちはあくまでも「個」であることを忘れてはいけない」アドラー心理学は別名「個人心理学」と呼ばれています。その理由は?
→第4章を読む

第5章 目的論

「全ての悩みの根元には対人関係が存在する」お金や仕事の悩みも対人関係がベースに生み出される悩みだということを述べています。
→第5章を読む

第6章 目的論

「勇気付け」はアドラー心理学の最も大事にしている言葉です。全ては勇気が解決する。そんなことを教えてくれる理論です
→第6章を読む

第7章 共同体感覚

「幸福を感じることは共同体感覚を得ることと同義である」あなたがあなた自身の存在価値を感じることこそ幸福だという理論です。
→第7章を読む

特別章 アドラーの生涯

自己啓発の源流を作ったアドラーですが、本人は壮絶な人生を歩んでいました。だからこそ生み出された理論なのでしょう。
→特別章を読む